英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

サイバーセキュリティ専門家、大きな需要 Cybersecurity professionals are in great demand

今回の記事は「サイバーセキュリティ専門家、大きな需要」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

However, there's a catch.


しかし、落とし穴がある。


 ボキャブラリー

wakeup callnoun警鐘、注意喚起。人に問題、危険、または必要性を警告するのに役立つもの
ransomwarenounランサムウェア。 システムを乗っ取り、ファイルの安全性と引き換えに何かを要求するために犯罪者によって設計されたソフトウェア
surgeverb高まり、高騰、需要の高まり。突然急激に増えること
gapnounギャップ、相違、溝。違い、差
lureverb誘惑。何かを魅力的に見せて、誰かに何かをさせようとすること

 日本語訳

過去1年間に発生した一連のサイバーセキュリティ攻撃は大きな懸念事項となっており、企業や政府機関は内部ネットワークシステムの保護にさらに投資している。

報告によると、昨年のソーラーウィンズ攻撃の背後にいたハッカーたちは、約150の政府機関や研究機関も攻撃した。コロニアルパイプラインランサムウェア攻撃の最近の事件は、同社に約500万ドルの損害を与えた。これは、組織がサイバーセキュリティ専門家の雇用にもっと注力するように警鐘を鳴らしている。

しかし、落とし穴がある。サイバーセキュリティ業界の深刻な人手不足により、残念ながら急増する需要を満たすことができていない。

ある調査によると、米国だけでも359,000の役職が空いているそうである。世界的には、約312万の求人が存在する。専門家の需要はそれよりも大きいかもしれないという意見もある。

需要と供給の深刻なギャップのために、別の落とし穴がある。経験豊富な専門家の数が限られているため、労働者は政府機関から民間企業に誘われて、はるかに高い給与を得ることができる。このままでは、組織は人材が求めるものは何でも支払うことになりかねない。

では、可能な解決策は何だろうか。今のところ、ソフトウェアプロバイダー企業は、他の組織が専門家チームを雇用して大金を費やすことなく、サイバーセキュリティシステムを強化するのを支援できる。ただし、これはまだ一時的な修正である。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。