英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

劇場でのゲーム Gaming in theaters

今回の記事は「劇場でのゲーム」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

US group Malco Theatres has a similar scheme running since November 2020.


米国のグループMalco Theatersは、2020年11月から同様の計画を実行している。


 ボキャブラリー

alternativeadj代替の。何かの代わりに選ぶことができる何か、選択肢またはオプション
perspectivenoun展望、見方。何かを注視する特定の方法
contributeverb貢献する。人、グループ、原因、または組織を助けるために(何かを)を与えること、
engagementnoun従事している、没頭している。注意力と興味を特徴とする精神状態
tweaknoun調整。わずかに変えて改善する

 日本語訳

2021年は、調整および既存ビジネスモデルの微調整の年になる可能性がある。その良い例は韓国で明らかである。韓国内最大のシネマチェーンであるCGVCinemasは、閉鎖された劇場からお金を稼ぐための代替方法を見つけた。

CGV Cinemasは、ゲーマーに画面を貸し出している。90ドルで、4人のゲーマーは午後6時までいつでも2時間画面を使用できる。6時以降は、価格は135ドルに上昇する。ゲーマーは、自分のゲーム機、ゲーム、コントローラーを持参する必要がある。

この計画はAzit-Xと呼ばれ、「azit」は韓国語で「隠れ家」を意味する。席が半分埋まった上映や満員の上映ほど多くのお金を稼ぐことはできないが、劇場チェーンに待望の収益をもたらすことは間違いない。比較すると、CGV映画のチケットは約12ドルなので、映画用に半分埋まった100席のスクリーンは600ドルになる。一方、ゲーマーは2時間のレンタルで135ドルをもたらす。

Azit-X計画は、映画とゲームが同じレベルのエンゲージメントとエンターテインメントを共有していることに気付いたCGVの従業員であるSeung WooHanによって概念化された。今年のこの計画の開始以来、劇場は現在130回予約されている。

CGV Cinemasは、ゲーマーにスクリーンを貸し出す唯一の劇場チェーンではない。米国のグループMalco Theatersは、2020年11月から同様の計画を実行している。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。