英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

オフィスで働くハチ The ‘employ-bees’

今回の記事は「オフィスで働くハチ」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

In June 2020, Bloomberg estimated that office vacancies in five major business districts of Tokyo rose by 2.77%.


ブルームバーグは2020年6月、東京の5つの主要ビジネス地区の空室が2.77%増加したと推定した。

 ボキャブラリー

invasion noun 侵略。所有権を得るまたは制圧するために入ること
premise noun 敷地、施設。建物とそれが建っている土地の領域
incident noun 事件。とくに暴力、犯罪、危険な出来事など何かが起こること
comical adj 笑いを誘う。変わっていて面白い
highlight verb 強調する。際立たせる。

 日本語訳

従業員が自宅で仕事をしているため、数か月間、世界中の大規模なオフィススペースは閉鎖され空のままである。しかし、それらのオフィスの多くはおそらく完全に空ではない。少なくとも、それはサンタバーバラを拠点とするテクノロジースタートアップ、Invocaの施設からの兆候である。Invocaのオフィスには、「従業員」の代わりに、何千もの「ハチ」がいた。

どうやら、約2万匹の蜂がパンデミックの間にオフィスを彼らの巣にしたようだ。それは先月の定期検査中に発見された。Super Bee Rescue and Removalの専門家が、それらのミツバチを安全に除去して移動させるために呼び出された。おそらく、空のオフィスへの同様の侵入に直面している他の多くの企業が存在するに違いない。

Invocaの事件は、かなりおかしな方法で、空のオフィスが不動産市場に与える影響を浮き彫りにした。ブルームバーグは2020年6月、東京の5つの主要ビジネス地区の空室が2.77%増加したと推定した。

専門家は、多くのオフィスが在宅勤務政策を継続し、他のいくつかのオフィスが一等地の不動産を借りる代わりに小さなスペースに移動することで、不動産価格が急激に下がる可能性があると確信している。それは不動産業界に大きな打撃を与える可能性がある。

もう1つの影響は、政府の歳入への影響である。ニューヨーク・タイムズ紙のレポートによると、ニューヨークの固定資産税収入は今年25億ドル減少すると見込まれており、これは過去30年間で最大の減少である。


本日の一言 渋沢栄一のお話です。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。