英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

ホワイトハウスのための戦い Fight for the White House

今回の記事は「ホワイトハウスのための戦い」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

They include fighting COVID-19, working for the betterment of the American family, the issue of race in America, climate change, and national security.


それらには、COVID-19との戦い、アメリカの家族の改善のために働くこと、アメリカの人種の問題、気候変動、そして国家安全保障が含まれる。


 ボキャブラリー

fatenoun運命。誰かまたは何かの状況の結果
helmnounかじ取り。リーダーシップの地位
pollnoun世論調査。たくさんの人々に質問または一連の質問を尋ねて、多くの人々が何かについてどう考えているか情報を集めること
nomineenoun被任命者、任命された者。選挙の候補者として選ばれた人
bettermentnoun向上、改良。何かを改善する行為または工程

 日本語訳

11月3日、ホワイトハウスの運命が決定する。それは再び実権を握るドナルド・トランプになるのか、それとも鍵はジョー・バイデン前副大統領に渡されるのか。

現在の世論調査によると、ジョー・バイデンには明らかに優勢である。2016年にトランプがわずかな差で勝利した州(つまり、ミシガン、ペンシルベニア、ウィスコンシン)では、バイデンがかなりリードしている。2016年にトランプがかなり差をつけて勝利を収めた州(ノースカロライナ州、ジョージア州、ウィスコンシン州、オハイオ州、アイオワ州)では、今回はレースが接戦になる可能性がある。選挙が勝つか負ける可能性が高い他の「激戦州」には、フロリダ州、アリゾナ州、テキサス州が含まれる。全体として、バイデンはライバルよりもはるかに多くの州で優勢であり、全米選挙前の世論調査によると、ほぼ10%のアドバンテージを持っている。

FT-Peterson US Economic Monitorによると、有権者の32%だけが、ドナルド・トランプ大統領の就任当初よりも経済的により良い状態になっていると述べている。この研究はまた、より多くの有権者がトランプの政策が経済を悪くしたと信じていることを示している。

それは選挙を決定する重要な問題に私たちをもたらす。それらには、COVID-19との戦い、アメリカの家族の改善のために働くこと、アメリカの人種の問題、気候変動、そして国家安全保障が含まれる。

しかし、最も重要なのはリーダーシップの問題であり、ドナルド・トランプ氏のリーダーシップの下でさらに4年間を望むか、ジョー・バイデン氏の下で変化を望むかを決めるのは有権者次第である。

SOURCE: ABC News via YouTube

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。