英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

フィンエアー、スーパーマーケットに機内食を卸す Finnair brings airline food to the supermarket

今回の記事は「フィンエアー、スーパーマーケットに機内食を卸す」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Each meal costs about $12 (10 euros) and available at K-Citymarket in Vantaa, just outside Helsinki.


12ドル(10ユーロ)利用できてVantaaのK-Citymarketで利用できる各々の食事経費、ヘルシンキ郊外のヴァンターにあるK-Citymarketで購入できる。


 ボキャブラリー

noveladj目新しい、奇抜な。新しい、オリジナルの、革新的な
staffnounスタッフ。集団で、組織のために働く人々
cateringnounケータリング、配膳業。食べ物をつくり、または配る仕事
workforcenoun労働力。国または地域で働くことのできる人数
win-winadj双方の側が得をする、相互利益の。両者にとって利益となるもの

 日本語訳

航空会社のサービスは、おそらく他のどの分野よりも封鎖のために多くの問題に直面している。彼らは今、斬新な計画を通していくらかの収益を得ようとしている。

カンタス航空の「どこにも行かないフライト」とワゴン式カウンターの販売の後、今度はフィンランドの国営航空会社フィンエアーが、会社とその厨房スタッフにいくらかの収入をもたらす番になった。

フライト数が91%減少したため、フィンエアーは多くの従業員を解雇しなければならなかった。

しかし、ケータリングスタッフを維持するために、フィンエアーは素晴らしいアイデアを思いついた。国の労働力の60%が在宅勤務であるため、フィンエアー航空会社は地元のスーパーマーケットを通じてビジネスクラスの食品を提供することを決定した。

同社の高品質の調理済みの食事は、「フィンエアーの味」という名前で、10月15日に発売された。フィンエアー航空会社は、トナカイのミートボール、ホッキョクイワナ、照り焼きビーフなどの北欧日本料理を提供する。1食あたりの費用は約12ドル(10ユーロ)で、ヘルシンキ郊外のヴァンターにあるK-Citymarketで購入できる。

この仕組みは、フィンエアーが従業員のためにお金を稼ぎ、仕事を維持しながら、一般の人々が自宅から「飛行体験」を楽しめるという双方にメリットのある状況をつくっている。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。