英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

配達戦争、勝者と敗者 Delivery wars: Some win, some lose

今回の記事は「配達戦争、勝者と敗者」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

The deal with Postmates will give Uber approximately 37% share of the US food delivery market, still behind market leader DoorDash which controls 45% of the market.


ポストメイツとの契約により、ウーバーは米国の食品宅配市場の約37%のシェアを獲得するが、市場の45%を支配する市場リーダーであるドアダッシュをまだ下回っている。


 ボキャブラリー

gainverbを得る、入手する。時間が経過するにつれて、徐々に(何かを)得る
wooverbするように説得する。(誰か)を説得しようとする
takeovernoun買収。 会社を支配するのに充分な株式(過半数の株式)を購入すること
sealverbを決定する。契約または合意を終了させること
make upverb償う、補償する、穴埋めをする。失われたものを償う、を相殺する

 日本語訳

ウーバー・テクノロジーズは、COVID-19の状況のために、利益を得ただけでなく損失も出した。ウーバー・キャブズは人々が乗り物を共有することから遠ざかったため大打撃を受けたが、ウーバー・イーツは食品宅配の注文の急増の恩恵を受けた。

状況を最大限に活用するために、ウーバーは競合企業のグラブハブを買収することで宅配事業を拡大しようとしたが、欧州企業ジャスト・イート・テイクアウェイに敗れた。ジャスト・イートが先月グラブハブを73億ドルで買収したとき、ウーバーは食品宅配市場のもう1つのターゲットであるポストメイツに目を向けた。その買収は現在26億5000万ドルで確定している。

契約に基づき、ポストメイツはポストメイツCEOのバスティアン・リーマン氏と彼のチームが管理する別個のサービスとして継続する。ただし、ポストメイツはウーバー・イーツの宅配ネットワークにアクセスできる。消費者はより多くのレストランから選択でき、宅配はドライバーが複数の注文を受け取ることでより効率的になる。

両社にとって、この取引は今ほど良い時期はなかっただろう。ポストメイツは、宅配市場で大きく引き離された4番手だが、ウーバーは、コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、ウーバー・キャブズで発生していた大きな損失を埋め合わせるために、ウーバー・イーツを早急に必要としている。

ポストメイツとの契約により、ウーバーは米国の食品宅配市場の約37%のシェアを獲得するが、市場の45%を支配する市場リーダーであるドアダッシュをまだ下回っている。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。