英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

無くなった20億ドルの事例 Case of the missing $2 billion

今回の記事は「無くなった20億ドルの事例」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

After the news, the company lost 90% of its share price within a week.


ニュースの後、同社は一週間以内に株価の90%を失った。


 ボキャブラリー

damagingadj損害を与える、中傷的な。害や問題を引き起こす
hailverbにあいさつする、歓迎する。誰かまたは何かが優れている、または重要であると公に認めること
suspicionnoun疑い。誰かを疑わしいと思うこと
contractnoun契約。商取引の合意
transactionnoun取り引き。品物、サービス、お金の交換、移動

 日本語訳

2018年、デジタル決済会社ワイヤーカードは、評価額240億ユーロ(270億ドル)のドイツ新興テクノロジー企業として歓迎された。厳しい2019年の後、6月18日にワイヤーカードの監査人が、フィリピンの銀行2行で保持されているはずだった19億ユーロ(21億ドル)を見つけることができなかったと認め、ついに惨事が起こった。ニュースの後、同社は一週間以内に株価の90%を失った。

不足している20億ドルは実際にはそこにはなく、投資家を引き付けるために会社の売上とバランスシートを虚偽に増やそうとする試みにすぎなかったことが示唆されている。ワイヤーカードは最高経営責任者のマークス・ブラウン氏に対して法的手続きを開始し、その後、ブラウン氏は偽の取引に参加した疑いで逮捕された。

ブラウン氏は、ワイヤーカードの成長に、そしておそらくは最終的にはその没落に、大きな役割を果たした。彼は1999年に会社を設立し、26か国にわたって全従業員数6,000人超を持つ企業に成長させた。昨年、同氏はフィナンシャル・タイムズによって報じられた損害を与える記事に回答しなければならなかった。記事の1つは、ワイヤーカードがシンガポールで偽の契約や実際よりも前の日付けにした契約を奨励したと述べた。また別の記事は、ドバイおよびアイルランドで会社が利益と売上を改ざんしているとして非難した。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。