英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

米海軍のUFO特別部隊 The US Navy has a UFO Task Force

今回の記事は「米海軍のUFO特別部隊」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

The Pentagon said that the program ended in 2012, but according to a New York Times article, it is still active.


米国防省は、同計画は2012年に終了したと述べたが、ニューヨークタイムズ紙の記事によると、それはまだ稼働しているという。


 ボキャブラリー

committeenoun委員会。特定の役割のために任命された人々の集団
sightingnoun目撃。何かを目撃すること
investigateverb調査する。どうして発生したか調べるために(何か)に関する事実を調べること
intelligencenoun情報、諜報。政府が敵または敵になりそうな者に関して集める秘密情報
secretnoun秘密。他人に隠されている

 日本語訳

最近、米上院情報委員会(SIC)の議長でもあるマルコ・ルビオ上院議員が、米海軍のUFO特別部隊の存在を確認した。ルビオ氏は、米海軍情報部とUFO特別部隊によって管理されているUFOデータの詳細な報告書を求めている。

SICは、この報告書を政府の諜報活動を扱う2021年の認可法案に含めることを推奨している。SICは、米国国家情報長官と国防長官に、同組織が持つすべてのUFO関連情報に関する機密扱いでない報告書を作成することを求めている。

これは、UFO研究者の勝利である。連邦機関の目には、UFOの目撃は「地球外生物」と映っていない。彼らは、それらの目撃はロシアや中国のようなライバルからの国家的な脅威であると信じている。連邦政府機関は、航空技術を研究し、認可法案が可決された後に入手できる情報で彼らの技術を強化したいと考えている。

2017年後半に、米国防省は、UFOの目撃情報を調査する計画への数百万ドルの機密の予算を認めた。米国防省は、同計画は2012年に終了したと述べたが、ニューヨークタイムズ紙の記事によると、それはまだ稼働しているという。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。