英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

知らない人に食品配達を無限に注文される Unlimited food deliveries from unknown prankster

今回の記事は「知らない人に食品配達を無限に注文される」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Last year, Landeghem once received 14 pizzas from 10 different deliveries with a total value of 450 euros.

昨年、ランデゲム氏は10種類の配達から14枚のピザを受け取り、総額は450ユーロだった。

 ボキャブラリー

pranknounいたずら、冗談。冗談やいたずら行為
coincidencenoun時を同じくする、同時に起きる。2つのイベントが同時に発生する可能性
mischief-makernounいたずらをする人。故意に他人に迷惑をかける人
assumeverb考える、見なす。何かが本当だと言うこと
recipientnoun受取人。何かを受け取る人

 日本語訳

アントワープのターンハウトに住む65歳のジャン・ヴァン・ランデゲム氏は、ほぼ10年前から、注文したことのない食品の配達を受けていた。最初は間違った配達だと彼は思っていたが、こんな単純な間違いを繰り返すのに10年は長すぎる。誰かがいたずらをしているのは明らかである。

ランデゲム氏は、コルリュイトやアルディのような地元のスーパーマーケットから冷凍ピザを購入することを好むため、ピザを注文して配達してもらうことは決してないと述べた。興味深いことに、不要な配達はピザに限定されない。彼はケバブとピッタも受け取っている。配達は町の周りのさまざまなレストランによって行われるため、また時には近隣の町からの場合もあるため、いらずらをした人を特定できていない。配達はいつでも、午前2時でも行われる。これは受取人だけでなくレストランにとっても問題である。食べ物がランデゲム氏から返品されるたびに、無駄になる。昨年、ランデゲム氏は10種類の配達から14枚のピザを受け取り、総額は450ユーロだった。

不思議なことに、ヘレンサウトに住んでいるランデゲム氏の友人は、ほぼ同じ時間、同じような状況を経験している。どちらも同じ日に注文されることが多く、同時に注文されることもある。これは偶然ではないことを示している。彼らは、いらずらをした人が両方を知っていると想定している。

 参考動画

今日の記事とは離れますが、警察にピザデリバリーの電話、そこに隠された家庭内暴力・・驚きです

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。