英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

無料試用で得をするのは顧客それとも企業か Customer or company: Who benefits from free trials?

今回の記事は「無料試用で得をするのは顧客それとも企業か」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャスト動画です。ご覧ください。


 本日のSentence

Nonetheless, free trials continue to be the biggest and surest way to get new signups.


それにも関わらず、無料試用は新規登録を獲得する最大で最も確実な方法である。

 ボキャブラリー

limitation noun 制限。利用が限られている状態
stand verb 立場、見解。とった行動またはコミットメントのために、得または損をする立場にいること
situation noun 状況。特定の場所と時間に存在する一連の状態
retain verb 保持する。何かを持ち続ける
roll out phrasal verb 展開する、売り出す。新製品またはサービスを導入する

 日本語訳

ほとんどの企業は数日間の無料トライアルを制限なく提供しているため、多くの顧客は、無料試用期間が終了したときにサービスをやめても何も失うことはないと考えている。このような「コードカッター」は、試用期間の終了時に加入者数が突然減少する原因となる。これは、ほとんどすべてのオンラインエンターテイメントサービスプロバイダーの状況である。

ブルームバーグによると、試用期間後も30%を超えるサブスクライバーが継続している。10人に1人の加入者が毎月ビデオストリーミングサービスを終了している。

Disney+が11月に始まったとき、7日間の無料試用とベライゾンの顧客に提供される1年間の無料定期購読を発表した。その結果、Disney +は発売後最初の5日間で1,500万人のユーザーを登録することができた。しかし、IMAリサーチでは、無料試用期間が終了した後も継続するのは52%のみと予想している。WWEネットワークの場合、4月頃に200万人の加入者がいたが、9月には150万人に減少した。

それにも関わらず、無料試用は新規登録を獲得する最大で最も確実な方法である。Apple TV +は、昨年11月にDisney +の数日前に発売され、アップルデバイスを購入するすべての人に1年間の購読を提供している。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。