英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

衰退するテクノロジー大手2社の合併 Marriage of two fading tech giants on the cards

今回の記事は「衰退するテクノロジー大手2社の合併」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャスト動画です。ご覧ください。

 本日のSentence

While HP has confirmed that it has received a proposal from Xerox for a merger, it is yet to respond to it.


HPは、ゼロックスから合併の提案を受け取ったことを認めているが、まだ対応していない。
※ しかし、HPは、ゼロックスへの回答をだしました。ただまだ可能性はあるようですが。

 ボキャブラリー

has-been noun 盛りを過ぎた人(もの)、時代遅れの人(もの)。時代遅れと見なされているもの
reportedly adv 伝えられるところによれば、報道によれば。一部の人が言うところによると
shed verb (不採算部門など)を売却する。望ましくないものを捨てる
peak noun ピーク、頂き。頂点、絶頂、最盛期
merger noun 複数の企業を一つに統合すること。合併。

 日本語訳

常に少なくなっている。報道によると、彼らは最善の方法を取った。合併してコストを削減する。

ゼロックスはHPを買収するための入札を行っているが、これはかなり驚くべきことである。ゼロックスの市場価値はわずか80億ドルで、HPの価値は280億ドルだからだ。それにも関わらず、ゼロックスは以前の買収の一部を約25億ドルの資金を集めるために売却し、すでに資金を調達するための銀行ローンを組んでいる。

スキャナー、プリンター、多機能システムに特化した創業113年の企業ゼロックスは、1960年から1975年の間にピークを迎えた。一方、HPは1938年に1台用の自動車ガレージからスタートアップとしてスタートし、2007年から2013年にかけて世界をリードするPCメーカーになった。

スマートフォンが私たちのほとんどにとって印刷を不要にしているため、HPとゼロックスの両社は、衰退するビジネスに依存して生き残っている。似たような印刷製品があるため、合併は理にかなっている。合併企業は、少なくとも20億ドルのコストを節約できる。HPは、ゼロックスから合併の提案を受け取ったことを認めているが、まだ対応していない。

 参考動画

HPはXEROXへの回答を出したみたいですね。ですのでこれは続編になります

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。