英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

本年も「Appleポッドキャスト ベストオブ2018」
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

トランプが態度を軟化 Trump Softening His Stance

今回の記事は「トランプが態度を軟化」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャスト動画です。ご覧ください。

 本日のSentence

Could we see a second term for Trump? China and Iran will certainly be a factor.


果たしてトランプ氏が二期目を迎えることとなるのだろうか?中国とイランが絶対的な要因になることは明白である。

 ボキャブラリー

tensions noun 精神的または感情的な負担
play a role other 何か、もしくは誰かがある場面で一役買ったとき、その人(物)はその物事に関わりを持つこととなる。
tariff noun 税金、または特定の輸入または輸出において支払う義務
outcome noun 物事が行きつくまでの道のり、結果
take credit other ご褒美、または特別な注目を与えられるのに相応しいことを成し遂げたと、その人が思うことを許可すること。

 日本語訳

ドナルド・トランプ大統領は中国とイランの当局者と、貿易戦争を終わらせ、中東への緊張緩和のため会うことに今までより積極的に見える。2020年の再選への希望が一役買っているのだろうか?

再選への重要な要素の一つは経済の状態であり、トランプ氏は中国の関税が世界の経済不況の原因にとなっている可能性に関して気づいていると思われる。日本、中国、韓国とドイツの経済はすでに大きく傾いており、アメリカもまた同様の状況に陥りつつある。

アメリカの経済が2017年と18年に好調に推移したとき、トランプ氏は税金の削減と政府の支出の引き上げを行った。現在不況が見込まれる中、何名かの経済学者はすでに強力な経済の手助けをすることは問題だと指摘している。

議論の余地はあるが、モルガン・スタンレー・ウェルスのリサ・シャレットは「景気が下降する前に我々は需要を牽引したので、これが結果的に不景気の原因となったのかもしれない」と述べた。もしもこれが本当ならば、トランプ反対派はこの件を、これから行われる選挙への行動に大きく反映させるだろう。

近いうちに実現するであろうアメリカとイランの会合は、アメリカの有権者達にトランプ氏が近年の問題に対し平和的解決を望んでいることをアピールすることになる。

アメリカの選挙への取り組みとして2つ、可能性のある結末がある。一つはアメリカが世界各国と同じく経済的不況に陥り、その原因はトランプ氏の決断だと皆が判断すること。二つ目は、これから行われる会合により貿易戦争が終わりを迎え、アメリカが不景気にならずにすむこと。もしも二つ目の予想が現実となった場合、トランプ氏の功績と皆が認めることとなる。

果たしてトランプ氏が二期目を迎えることとなるのだろうか?中国とイランが絶対的な要因になることは明白である。

Comments

comments

ポッドキャストの続きは で!

月額980円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。