英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

子供向けのインスタグラムはどうなったのか What happened to child-friendly Instagram?

「子供向けのインスタグラムはどうなったのか」インターネットの世界で子供と大人を分けるのは、今となってはかなり難しいことになりつつありますね。どうするのでしょうか?

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

But no matter how much we try to shield young minds from the dangers of the internet, they will find their way into it, unfortunately.


しかし、どんなにインターネットの危険性から若者の心を守ろうとしても、残念ながら彼らはインターネットの中に入り込んでしまうのです。


 ボキャブラリー

backlashnoun激しい反発。発展に対する否定的な反応
supervisionnoun監督。誰かがすることや何かが行われる方法を見たり、指示したりする行動または作業
self-esteemnoun自尊心、自己尊敬。自分や自分の能力に対して自信を持っていること
parentaladj親の、親である。親または親であることに関する
defendverb守る、防衛する。誰かまたは何かを危害から保護するため

 日本語訳

ソーシャルメディア大手のフェイスブックは、子供専用のインスタグラムのようなアプリ開発に取り組んでいた。しかし、立法者やユーザーからの反発を受けて、同社は最近、プロジェクトを一時停止すると発表した。

声明で、同社は子供向けのインスタグラムの開発の背後にあるコンセプトは良いアイデアであると確信していると述べているが、再評価の結果、インスタグラムとフェイスブックは今のところプロジェクトを一時停止している。一方、インスタグラム、プラットフォーム上の10代の若者の安全に焦点を当て、保護者による監督機能を拡張する。

プロジェクトの一時停止は、ウォール・ストリート・ジャーナルのレポートによって、インスタグラムがティーンエイジャーの使用に有害であることが繰り返し判明したことが明らかになった後である。さらに、インスタグラムが若いユーザーの自尊心、特に若い女性に与える影響は、現時点では明白である。同レポートはまた、10代の若者の間でしばしば発生する危険で有害な考えについて言及した。

レポートが立法者に届くと、彼らはフェイスブックに回答を求め、子供向けの画像共有アプリの計画を破棄することを同社に求めた。フェイスブックは、より多くの若いユーザーを同社のプラットフォームに引き付ける努力を繰り返し擁護してきたが、子供はすでにインターネットを利用しており、現在ほとんどすべてのソーシャルメディアプラットフォームを使用していることは明らかである。


Source:ABC News via YouTube

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。