英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

本年も「Appleポッドキャスト ベストオブ2018」
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  マットBlog

NRGの原子炉建設計画に暗雲が立ちこめる

本日のトピックは、NRG Casts Doubt on Reactor Plans というタイトルでした。海外でも原子炉建設に大きなブレーキがかかってしまっているようです。 最初、このタイトルを見た時には、原発に対する恐怖心や安全面からもう少しメンタル部分で、減速してしまったのではと思いながら読んでみるとそういう事だけはないようです。 さすがにビジネス紙。もう少し別の角度から今回の原発事故とその余波というものをとらえています。 今日の文章でおもしろい表現を見つけました。 However CPS Energy already was regarded as sitting on the fence. この中で使われている、sitting on the fence. フェンスに座りながら・・・。 最初は、どのような意味なのだろうと何度か読んでみると、どうやら「フェンスの上から傍観している」ようなニュアンスが伝わってきました。 傍観というとsideline やこれを使って stay on the sidelines という表現は知っていましたが、こういう言い回しもあるのかと、勉強になりました。 それからCPS Energy said it was ending all discussions to buy power from NRG. という一文がありましたが、これなども be ending all discussions という言い方、少し強い語調が伝わってくるのは私だけでしょうか。 もう議論し尽くしたので、議論の余地がないということなのでしょうが、英語らしい表現だと感じました。 今日の記事は、NRGとその関連日本企業が福島原発事故を受けてどのような影響を受けたのか、また被災した企業に対して同情の度合いが大きく、ビジネスライクにドライに交渉が進まないというニュアンスが上手く表現されています。 是非、本日の記事ご一読下さい。

Comments

comments